ヒアルロン酸を使ったバストアップについて

最近は、バストアップのために、ヒアルロン酸を注入するという方法があります。どんな方法で胸のサイズを大きくするか、バストアップの手段は様々です。多くの人がヒアルロン酸注入によるバストアップ施術を利用するのは、手術時間が短時間で済み、皮膚を切らずにできるためです。しかしながら、ヒアルロン酸注入バストアップ術は、他の豊胸手術と同様にメリットもある反面、デメリットもあります。

バストアップを行う前に、ヒアルロン酸を注入することのいい点と、悪い点を理解し、その上で手術を受けるかどうかを判断します。効果が一過性のものであることは、理解しておくべきことです。ヒアルロン酸の注入効果は、数ヶ月で失われることがほとんどです。恒久的な効果を求めているのであれば、他の方法でバストアップをしなければなりません。高分子のヒアルロン酸をバストに注入することによって、昔よりは長い間、バストアップをしておけるようになりつつあります。

エステサロンによっては、かつて使われていた粒子の小さいヒアルロン酸を、低価格でバストに注入し、効果が持続しないバストアップを行っています。ヒアルロン酸を注入するバストアップか人気があるのは、豊胸バックを皮膚の下に入れる方法よりも体への負担か少なく、安価で受けられるためです。ですが、持続する期間が短いので長期的な効果を求める場合には、向いているとはいえないバストアップの方法になります。

また、ヒアルロン酸の注入によってバストアップをはかる場合は、元のバストより2カップ以上は大きくなりません。もしも、今より2カップ以上バストアップをしたいという人は、他の方法を使う必要があります。拒否反応や、アレルギーのリスクが少ないことは、ヒアルロン酸注入によるバストアップ手術を受ける時の、いいところであるといえます。

カウンセリングの段階で、ヒアルロン酸を注入してバストアップをすることの利点と欠点を確認し、その上で受けるかどうかを決めてください。

クレンジングクリームのおすすめランキング